健やかな毎日は歯の健康から

あなたの歯は大丈夫ですか?

しみる原因とむし歯との違い 

知覚過敏とむし歯との違いは、本来、自分では判断がつきにくいものです。

知覚過敏はブラッシングが強過ぎたり、酸が含まれる食品を摂り過ぎたり、歯ぎしりや噛み合わせの悪さ、加齢により歯ぐきが下がることや歯周病によって起きることが多いものです。

痛みの違いもあり、むし歯の場合は痛みが持続的で、痛む歯をたたくとひびく感じがします。
知覚過敏の痛みは「しみる」という言葉がぴったりで、冷熱の温度差の激しい飲食の時や、走っている時の呼吸でふいに冷たい風があたると、急に一瞬「しみる」その時だけの痛みを感じます。

歯の表面のエナメル質の内層に象牙質がありますが、その部分が痛みを感じます。
例えば加齢によって歯ぐきが下がり歯の根部分が露出していると、その痛みを感じる象牙質がむき出しの状態になっています。
そこに強く歯ブラシをあててしまったり、冷たいあるいは熱いものを食べたりして刺激すると、しみるといった痛みを感じるのです。

知覚過敏について、その他の原因

象牙質に刺激があると、知覚過敏特有のしみる痛さが起こることはわかりました。

加齢による歯ぐきの下がり(歯肉の退縮)や歯ぎしりなどによる歯の擦り減り、酸性の強い飲食により歯が溶けるなどの原因で象牙質が露出し知覚過敏となりやすいのですが、他にも原因となることがあります。

例えばむし歯の治療をした後、時々知覚過敏が起こることがあります。
歯を削ったことによって神経が痛みを感じやすくなったり、噛み合わせ時に痛んだりということがあるのです。
一過性のものであることが多いので、様子を見て歯医者さんに相談するのが良いでしょう。

また、やはり治療のひとつであるホワイトニングに伴う知覚過敏があります。
歯を美しく白く漂白する治療ですが、その薬剤の影響で一時的に軽い知覚過敏の症状が出ることがあります。しかしなぜ知覚過敏が起こるのか、そのメカニズムはわかっておらず、ホワイトニング治療が終了すると知覚過敏もなくなるようです。